メニュー閉じる

ドクガ【〈毒蛾〉】

毒毛(どくもうにふれると皮膚(ひふ炎症(えんしょうをおこすことで知られるガ。年1回発生。6〜8月にあらわれ,平地の雑木(ぞうき林などに多い。幼虫(ようちゅうは多種類(しゅるい広葉樹(こうようじゅ低木(ていぼくの葉を食べ,群集(ぐんしゅうして越冬(えっとう。翌春に老熟(ろうじゅくする。幼虫(ようちゅうには毒毛(どくもうがあるが,これはさなぎになるときまゆにのこされ,羽化した成虫(せいちゅうは,この毒毛(どくもう腹端(ふくたんにつけていく。開張(かいちょう:20〜29mm((おす),31〜41mm((めす)。(られる時期(じき:6〜8(がつ分布(ぶんぷ北海道(ほっかいどう本州(ほんしゅう四国(しこく九州(きゅうしゅう。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく ドクガ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP