メニュー閉じる

とくがわいえさだ【徳川家定】

(1824〜58)江戸幕府(えどばくふの第13代将軍(しょうぐん。12代将軍家慶(しょうぐんいえよしの4男で,1853年将軍職(しょうぐんしょくをついだ。(おさないころから病弱で,政務(せいむにたえられず,老中(ろうじゅう阿部正弘(あべまさひろ堀田正睦(ほったまさよし大老(たいろう井伊直弼(いいなおすけ政治(せいじ(ささえた。将軍(しょうぐんをつぐ直前の1853(嘉永(かえい6)年6月,ペリーが来航(らいこうし,(よく1854(安政(あんせい1)年3月,日米和親条約(にちべいわしんじょうやく(むすんだ。1857年には江戸城内(えどじょうないでアメリカ総領事(そうりょうじハリスを引見し,日米修好通商条約(にちべいしゅうこうつうしょうじょうやく調印(ちょういんをめぐる混乱(こんらんのさなか,1858年,病死。◇家定(いえさだの2人の正室((つま)は早くに病死し,3人目に(むかえた正室が薩摩藩(さつまはん出身の篤姫(あつひめ敬子(すみこ,のちの天璋院(てんしょういん)。だれにも子は生まれず,将軍(しょうぐんのあとつぎをめぐる(あらそいが問題化した。天璋院篤姫(てんしょういんあつひめ

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP