メニュー閉じる

*とくがわなりあき【徳川斉昭】

(1800〜60)江戸(えど時代後期の水戸藩主(みとはんしゅ水戸藩主徳川治紀(みとはんしゅとくがわはるとしの3男として,江戸(えどに生まれる。烈公(れっこうとよばれる。兄の死去にともない,藩内(はんない改革派(かいかくはにおされて藩主(はんしゅ就任(しゅうにん藤田東湖(ふじたとうこなどを用いて藩政改革(はんせいかいかくを行い,弘道館(こうどうかん(藩士(はんし文武(ぶんぶの教育を進めた。1853(嘉永(かえい6)年,ペリー来航(らいこう時に幕府参与(ばくふさんよとして政治(せいじ参加(さんか尊皇攘夷(そんのうじょうい(として井伊直弼(いいなおすけらと対立した。日米修好(しゅうこう通商条約(じょうやく調印(ちょういんに反対し,攘夷(じょうい密勅(みっちょく水戸藩(みとはんに下されたことから安政(あんせい大獄(たいごく(まねき,謹慎(きんしん永蟄居(えいちっきょ(しょせられた。江戸幕府(えどばくふ15代将軍(しょうぐん徳川慶喜(とくがわよしのぶは,斉昭(なりあきの7男。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP