メニュー閉じる

とくとみろか【徳富蘆花】

(1868〜1927)明治(めいじ・大正時代の小説(しょうせつ家。徳富蘇峰(とくとみそほうの弟。本名健次郎(けんじろう熊本(くまもと県に生まれる。同志社(どうししゃ(今の同志社(どうししゃ大学)を中退(ちゅうたい。1889(明治(めいじ22)年,蘇峰(そほう民友(みんゆう社に入り,『不如帰(ほととぎす』『自然(しぜんと人生』『思出(おもいでの記』を発表して作家としての地位(ちい確立(かくりつ。トルストイの影響(えいきょうを受け,キリスト教的(きょうてき人道主義(しゅぎの立場から小説(しょうせつ評論(ひょうろんを書いた。ほかに随筆(ずいひつ集『みみずのた(ごと』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP