メニュー閉じる

とくながすなお【徳永直】

(1899〜1958)大正・昭和時代の小説(しょうせつ家。熊本(くまもと県に生まれる。小学校を中退(ちゅうたいし,さまざまな仕事についたが,その間に社会主義(しゅぎ興味(きょうみをもち,労働(ろうどう運動に参加(さんか。のち東京(とうきょうに出て博文館印刷所(はくぶんかんいんさつじょ(今の共同印刷(きょうどういんさつ)につとめ,1926(大正15)年の争議(そうぎ体験(たいけんをもとに書いた『太陽のない(まち』で,労働(ろうどう者の立場に立つプロレタリア文学の作家としてみとめられた。第二次世界大戦(たいせん後は民主主義(みんしゅしゅぎ文学の代表作の1つとされる『(つまよねむれ』『(しずかなる山々』などを書いた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP