メニュー閉じる

どくヘビ【毒ヘビ】

毒腺(どくせんとこれに連絡(れんらくする毒牙(どくがをもっているヘビのなかま。毒腺(どくせんはだ液腺(えきせんがかわったものであり,このため一般(いっぱん(どくヘビの頭は三角形をしている。日本にはマムシ・ハブ・ヤマカガシがいる。

コーチ

 ヤマカガシは,上あご後方の歯ぐきに毒腺(どくせんがあり,かまれると死亡(しぼうすることがある。また,頸部(けいぶ毒液(どくえき射出(しゃしゅつする頸腺(けいせんがあり,この(どくが目に入ると失明(しつめい危険(きけんがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP