メニュー閉じる

どくりつご【独立語】

文の成分(せいぶんの1つ。文の中で,他の文節(ぶんせつとの関係(かんけいが弱く,比較的独立(ひかくてきどくりつしている文節(ぶんせつをいう。自立語に(ぞくする。

独立(どくりつ語には次のような用法(ようほうがある。

(1)感動…感動・おどろき・かけ声などの言葉。

用例

 「まあ・おや・よいしょ」

(2)(びかけ…(びかけ・あいさつの言葉。

用例

 「おい・ねえ・さようなら」

(3)応答(おうとう…答えや返事の言葉。

用例

 「はい・いいえ・なにっ」

(4)提示(ていじ…文のはじめに提示(ていじして,それを強める。

用例

 「ノスタルジア,この言葉にはほろ苦さがある」

◇文の構成(こうせいを考える場合,独立(どくりつ語を独立(どくりつ部ということもある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP