メニュー閉じる

*とさにっき【土佐日記】

平安時代中期につくられた紀貫之(きのつらゆきの日記。土佐守(とさのかみ任務(にんむを終えた貫之(つらゆきが,934年12月に土佐(とさ高知(こうち県)を船出して翌年(よくねん2月京都(きょうとに帰りつくまでの船旅をもとに,女性(じょせいにかこつけて,仮名(かな文字で書いたもの。

コーチ

 男性(だんせいによる最初(さいしょ仮名(かな文日記で,当時の風俗(ふうぞくや交通のようすを知る史料(しりょうともなっている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP