メニュー閉じる

とししゅん【杜子春】

芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけの童話。1920(大正9)年発表。杜子春(とししゅんは,町で会った老人(ろうじんに3度大金をめぐまれる。そのたびに,金のある間はよりつくが,なくなると見むきもしない人間の薄情(はくじょうさに愛想(あいそうをつかし,老人(ろうじん仙人(せんにんになる(じゅつをさずけてほしいとたのむ。しかし,肉親への愛情(あいじょうをたつことができず,まずしくとも正直なくらしをねがうようになる。◇中国,(とう代の神仙小説(しんせんしょうせつ(神通力のある仙人(せんにんを中心にした小説(しょうせつ)に取材(しゅざいした作品。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP