メニュー閉じる

どじょうおせん【土壌汚染】

有害(ゆうがい物質(ぶっしつによって農耕(のうこう地などの土壌(どじょう汚染(おせんされること。鉱山(こうざん排水(はいすいなどによる重金属(じゅうきんぞく汚染(おせん,工場などの煙突(えんとつからの重金属粒子(じゅうきんぞくりゅうしによる汚染(おせん,農薬やダイオキシンによる汚染(おせん半導体(はんどうたい工場などからの有機溶剤(ゆうきようざいによる汚染(おせんなどがある。土壌(どじょう汚染(おせんされると,農作物や飛散(ひさんした粒子(りゅうし呼吸(こきゅうを通して人体に入り,健康(けんこうをそこねる可能性(かのうせいがある。「土壌汚染防止法(どじょうおせんぼうしほう」(1970年施行(しこう)にもとづいて,カドミウム・(どう・ヒ(およびそれらの化合物による農用地の汚染(おせん規制対象(きせいたいしょうになっている。

コーチ

 1991(平成(へいせい3)年には水銀・PCBなど10の物質(ぶっしつについて,土壌汚染環境基準(どじょうおせんかんきょうきじゅん設定(せっていされた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP