メニュー閉じる

トッカータ

器楽(きがく形式の1つ。イタリア語の(けん(ばんに)「ふれる」という意味からきたもので,とくにオルガン・チェンバロ・ピアノなどのけん盤楽器(ばんがっきのための技巧的(ぎこうてきで,はなやかな楽曲をいう。形式はひじょうに自由で,フーガの技法(ぎほう導入(どうにゅうされることも多い。17世紀(せいきから18世紀(せいき前半までが全盛(ぜんせい時代で,ドイツの大音楽家バッハがこの形式を発展(はってんさせた。バッハの『トッカータとフーガ』はとくに有名。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP