メニュー閉じる

トックリバチ

昆虫類(こんちゅうるい ハチ(もく スズメバチ(のなかのトックリバチ(ぞくのハチをいう。狩人(かりゅうどバチの一種(いっしゅ腹部(ふくぶ第1(せつが長い(腹柄(ふくへい)のようになっており,単独(たんどく生活をおくる。どろで草の(くき小枝(こえだにとっくり形の(をつくる。この中にシャクガの幼虫(ようちゅうを運んで幼虫(ようちゅうのえさとする。種類(しゅるいによって(のつくり方にちがいがある。◇ミカドトックリバチのことを(たんにトックリバチということもある。分布(ぶんぷ:本州・四国・九州。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP