メニュー閉じる

ドップラーこうか【ドップラー効果】

音源(おんげんに対して相対速度をもつ観測(かんそく者が観測(かんそくした振動(しんどう数が,音源(おんげん振動(しんどう数とは(ことなる現象(げんしょうをいう。たとえば,近づいてくるレーシングカーのエンジンの音は,近づくときは高く聞こえ,遠ざかるときはひくく聞こえる。これは発音体が近づくときは音波の振動(しんどう数がまし,遠ざかるときは振動(しんどう数がへって耳にとどくからである。この現象(げんしょうがドップラー効果(こうかである。◇オーストリアの物理学者ドップラーが,まず星の光について発見し,ついで音の場合にも同じ現象(げんしょうがおこることを1842年に発表した。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP