メニュー閉じる

とていせいど【徒弟制度】

中世のギルド(商工業者の仲間(なかま組合)における手工業者養成制度(ようせいせいど徒弟(とてい奉公(ほうこう人)は親方(おやかたのもとに住みこみ,一定期間技術的修業(きかんぎじゅつてきしゅぎょうをつんで親方となる。日本では江戸(えど時代以降(いこう丁稚制度(でっちせいど年季奉公(ねんきぼうこうといった名まえで,商工業者の間に行われた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP