メニュー閉じる

ドナテルロ

(1386ごろ〜1466)イタリア,ルネサンス時代の代表的彫刻(だいひょうてきちょうこく家。徹底(てっていした写実と,完成(かんせいされた古典主義(こてんしゅぎ統一(とういつして力強い表現(ひょうげん力にあふれた作風を確立(かくりつ,その後のヨーロッパの彫刻(ちょうこくに大きな影響(えいきょうをあたえた。代表作に「ダビデ(ぞう」「(せいジョルジョ」などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP