メニュー閉じる

*トノサマガエル

西日本でふつうに見られるカエル。産卵(さんらん期は5〜6月ごろで,多くの雌雄(しゆうが水面付近(ふきんに集まり,産卵(さんらんする。卵塊(らんかいはきわめて不規則(ふきそくで,水面上に広くひろがる。水田の害虫(がいちゅうをよくとらえるので,農業上有益(ゆうえき動物とされる。声のうはよく発達(はったつしている。体長(たいちょう:6〜9cm。分布(ぶんぷ:本州・四国・九州の平地や山地。(両生類(りょうせいるい 無尾目(むびもく アカガエル科)◇東日本にはよく(たダルマガエルがすむ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP