メニュー閉じる

*トノサマバッタ

頭の先端(せんたんの丸い大型(おおがたのバッタ。ダイミョウバッタともいう。成虫(せいちゅうは7月ごろから草原でふつうに見られる。中国大陸(たいりくなどで大群(たいぐんで農作物に大きな被害(ひがいをあたえるバッタ(飛蝗(ひこう)は,同じ種類(しゅるい群生(ぐんせい相とよばれる(かたであるが,日本国内であらわれた記録(きろくはまれ。体長(たいちょう:35〜40mm((おす),45〜65mm((めす)。(られる時期(じき:7〜11(がつ分布(ぶんぷ:日本全土(ぜんど。(昆虫類(こんちゅうるい バッタ(もく バッタ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP