メニュー閉じる

トビケラ

トビケラ目に(ぞくする昆虫(こんちゅう総称(そうしょう現在(げんざい世界に17科が知られており,日本には16科,200種以上(しゅいじょうがある。成虫(せいちゅう種類(しゅるいによって大きさはさまざまであるが,一見ガに(たものが多い。ただし羽にりん(ぷんはなく,やわらかい毛がある。成虫(せいちゅうはほとんど食物をとらないので,口器(こうき発達(はったつは悪い。大部分の種類(しゅるいは夜行(せいで,水辺(みずべでは灯火(とうかに多数集まる。多くの種類(しゅるい幼虫(ようちゅうは,川など水中にすみ,砂粒(すなつぶ(れ葉などで(つつ形の(をつくり,その中に入った生活をする。この幼虫(ようちゅうは川虫とよばれ,(りのえさとされる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP