メニュー閉じる

トビムシ

森林や草地の腐植(ふしょくの多い土の中にすんでいる,体長1〜3mmの小昆虫(こんちゅう,トビムシ目の総称(そうしょう。体はやわらかく,一様な(あつさのキチン(しつでおおわれている。羽はないが,腹部(ふくぶ(のような器官(きかんでとびはねるのでこの名がある。落葉や花粉(かふん菌糸(きんしをおもな食物とする。一方,土壌(どじょう中の小型(こがたの肉食動物のえさとなり,森林や草地生態系(せいたいけいではかかすことのできない動物(ぐんである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP