メニュー閉じる

ドボルザーク(アントニン=)

(1841〜1904)チェコの作曲家。スメタナとならぶチェコ国民(こくみん音楽(の代表者。民謡(みんよう民族舞曲(みんぞくぶきょくから特有(とくゆうのリズムと旋律(せんりつ創造(そうぞうした。1892年から3年間アメリカ合衆国(がっしゅうこくにまねかれ,ニューヨークの国民(こくみん音楽学校の校長をつとめた。その間に交響(こうきょう曲『新世界より』を発表。ほかにピアノ曲『ユモレスク』,弦楽四重奏(げんがくしじゅうそう曲『アメリカ』,管弦楽(かんげんがく曲『スラブ舞曲(ぶきょく』などが有名。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP