メニュー閉じる

ともながしんいちろう【朝永振一郎】

(1906〜1979)昭和時代の理論(りろん物理学者。東京(とうきょう生まれ。(ちょう短波回路とマグネトロンの発振理論(はっしんりろんの研究によって,1948(昭和23)年日本学士院賞(がくしいんしょう,1952年文化勲章(くんしょうを受章。さらに,1965(昭和40)年には量子(りょうし電気力学での基礎的(きそてき研究によって,ノーベル物理学(しょう受賞(じゅしょうした。◇原子(かく素粒子(そりゅうし宇宙線(うちゅうせんなどに(かんする量子(りょうし力学分野の研究が多い。とくに「(ちょう多時間理論(りろん」の定式化から,「くりこみ理論(りろん」の完成(かんせいへの発展(はってんが有名である。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP