メニュー閉じる

*とよださきち【豊田佐吉】

(1867〜1930)明治(めいじ・大正時代の発明家・実業家。静岡(しずおか県の生まれ。はじめ父の大工仕事を手つだっていたが,手織機(ておりき改良(かいりょうをこころざし,1896(明治(めいじ29)年に豊田(とよだ木製(もくせい動力織機(しょっきを発明。その後も織機(しょっき改良(かいりょうをくわえ,1924(大正13)年にはイギリスの機械(きかいより性能(せいのうがすぐれた豊田(とよだ式自動織機(しょっき完成(かんせいした。また,豊田紡織(とよだぼうしょく会社をおこして海外にも市場を開拓(かいたくし,現在(げんざいのトヨタ自動車工業のもとをきずいた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP