メニュー閉じる

とよとみひでより【豊臣秀頼】

(1593〜1615)安土桃山(あづちももやま時代の武将(ぶしょう豊臣秀吉(とよとみひでよしの子で,母は淀殿(よどどの。1598年に父のあとをついだが,政治(せいじ実権(じっけん徳川家康(とくがわいえやすにうつり,関ヶ原(せきがはら(たたかい(1600年)後は大阪付近(おおさかふきん(りょうする1大名に落とされた。さらに大阪(おおさか(じん(冬の陣と夏の陣)で徳川氏(とくがわしにやぶれ,母とともに自害(じがいし,豊臣氏(とよとみしはほろんだ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP