メニュー閉じる

にいがたけんちゅうえつおきじしん【新潟県中越沖地震】

2007(平成(へいせい19)年7月16日に,新潟(にいがた柏崎沖(かしわざきおき海底下約(かいていかやく17kmに発生したマグニチュード6.8の地震(じしん最大(さいだい震度(しんど6強を新潟(にいがた柏崎(かしわざき長岡(ながおか,長野県飯綱(いいづな町で観測(かんそく大陸側(たいりくがわのプレート中で発生した内陸型(ないりくがた地震(じしんだった。死者11名,負傷者約(ふしょうしゃやく1990名,家屋全壊約(ぜんかいやく1080。被害(ひがいは,3年前の新潟(にいがた中越地震(ちゅうえつじしんよりは少なかったものの,東京電力柏崎刈羽(かしわざきかりわ原子力発電所での建物の破損(はそん火災(かさい機材破損(きざいはそん放射能汚染(ほうしゃのうおせん水の流出などが大きな問題となった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP