メニュー閉じる

ばいようさいぼうヒーラ【培養細胞HeLa】

1951年に子宮(けいがんで死亡(しぼうしたアメリカの30代の黒人女性(じょせいヘンリエッタ=ラックス(Henrietta Lacks)のがん組織(そしきから分離(ぶんりされ,培養(ばいようされた細胞株(さいぼうかぶ。世界で最初(さいしょ分離(ぶんり培養(ばいよう成功(せいこうしたヒト由来の細胞株(さいぼうかぶで,基本的(きほんてきにがん細胞(さいぼう不死(ふしなうえ,急激(きゅうげき分裂(ぶんれつ増殖(ぞうしょくするため,世界中の研究機関(きかん培養(ばいようされ,実験(じっけんに用いられ,商業(てきに売買されることもあった。がん細胞(さいぼうであるがヒト細胞(さいぼうのモデルとして,ウイルス感染(かんせん,RNA生合成(せいごうせい細胞周期(さいぼうしゅうきなどのさまざまな実験(じっけんに使われて大きな成果(せいかをもたらし,現在(げんざいでも利用(りようされている。分離以来(ぶんりいらい60年ほどになり,培養(ばいようによってすでに生前のラックスの体全体より細胞数(さいぼうすうは多くなっていると推定(すいていされ,また,ラックスの遺族(いぞくが20年以上(いじょうもその存在(そんざいを知らされなかったことも話題となった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP