メニュー閉じる

はかいかつどうぼうしほう【破壊活動防止法】

暴力主義的(ぼうりょくしゅぎてき破壊(はかい活動を行った団体(だんたい規制(きせいするための法律(ほうりつ略称(りゃくしょう破防法(はぼうほう。1952(昭和27)年制定(せいてい内乱(ないらん外患(がいかんなどの教唆(きょうさやその扇動(せんどう,もしくはその正当(せい主張(しゅちょうした文書の頒布(はんぷ掲示(けいじと,政治(せいじ上の主義(しゅぎ施策(しさく推進(すいしん支持(しじする目的(もくてき騒擾(そうじょう,放火,列車の往来危険(おうらいきけん転覆(てんぷく殺人(さつじんなどの行為(こうい教唆(きょうさ扇動(せんどうするまでがふくまれる。◇このため,日本国憲法(けんぽう保障(ほしょうする権利(けんりとの抵触(ていしょく指摘(してきされ,この法律(ほうりつ自身の運用について濫用防止規定(らんようぼうしきていをもうけている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP