メニュー閉じる

バクー

カフカス山脈(さんみゃくの東(がわ,アゼルバイジャン共和国(きょうわこくの首都。カスピ海にのぞむ港湾(こうわん都市で,同国の経済(けいざい・文化の中心地。9世紀(せいきごろからの古い文化都市で,旧市街(きゅうしがいに12世紀(せいき城壁(じょうへきがのこる。19世紀(せいき後半にバクー油田が開発されてから工業が発達(はったつ機械(きかい・化学・繊維(せんい・食品工業がさかん。人口:193万。◇地名はペルシャ語で「風のふく町」の意。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP