メニュー閉じる

はくしょくこう【白色光】

色合いのまったくない光をいう。厳密(げんみつには可視(かし光線の範囲(はんいで,どの波長の部分も強さがすべて一様の光を白色光というのであるが,正午などの太陽の光は,だいたい白色光と考えてよい。種々(しゅじゅ単色(たんしょく光をあわせていくと,だんだん白色光に近くなっていく。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP