メニュー閉じる

はくねつでんきゅう【白熱電球】

ガラス球内のフィラメントに電流を通し,そのときの発熱(はつねつにともなう光を利用(りようする電球。ふつう,フィラメントには高融点(ゆうてんのタングステンを用い,内部にはタングステンの蒸発(じょうはつをふせぐためにアルゴンやチッ(封入(ふうにゅうしている。

コーチ

 1879年エジソンは,日本の竹を材料(ざいりょうとした炭素(たんそフィラメントを用いて最初(さいしょ実用的(じつようてき白熱(はくねつ電球をつくった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP