メニュー閉じる

*はくほうぶんか【白鳳文化】

飛鳥(あすか文化と天平(てんぴょう文化の中間にあたる,7世紀(せいき後半の文化。白鳳(はくほう時代(このころ,白鳳(はくほうという(年号が用いられた)は美術史(びじゅつしのうえの時代区分で,大化(たいか改新(かいしん(645年)から平城京(へいじょうきょう遷都(せんと(710年)までをさし,政治的(せいじてきには,律令(りつりょう国家の成立(せいりつ期にあたる。中国の(ずい(とう刺激(しげき律令制(りつりょうせい建設(けんせつ期の空気を反映(はんえいし,はつらつとした気分があふれる文化が生まれた。建築(けんちくでは薬師寺(やくしじ東塔(とうとう彫刻(ちょうこくでは薬師寺金堂(やくしじこんどう薬師三尊像(やくしさんぞんぞう,絵画では法隆寺(ほうりゅうじ金堂(こんどう壁画(へきが高松塚古墳(たかまつづかこふん壁画(へきがなどが代表作である。

コーチ

 白鳳(はくほう文化において,文学の分野では『万葉集』の歌人柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ額田王(ぬかたのおおきみらが活躍(かつやくした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP