メニュー閉じる

バクーゆでん【バクー油田】

アゼルバイジャン共和国(きょうわこく東部に分布(ぶんぷする油田の総称(そうしょう。バクー付近(ふきんとカスピ海の海底(かいていから採掘(さいくつ。1870年代から開発され,1901年にはロシアの産油量(さんゆりょうの95%,世界の産油量(さんゆりょうの50%を産出(さんしゅつ。ソ(れん誕生(たんじょう後は,各地(かくちで油田が開発され,石油生産(せいさんの中心的地位を西シベリアに((わたした。近年油井(ゆせいはカスピ海の中央部に(うつっている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP