メニュー閉じる

ハコネサンショウウオ

本州・四国・九州の山岳地帯(さんがくちたいにすみ,東北地方では海岸に近い山地でも見られるサンショウウオの一種(いっしゅ。やや胴長(どうながで,目がとびだしている。食物は水生昆虫(こんちゅう幼虫(ようちゅう成虫(せいちゅう,クモ(るいまたは小型(こがたの貝(るいや小魚である。外敵(がいてきはネズミやヘビ,マスなどである。産卵(さんらん場所は他のサンショウウオと(ことなり,谷川の階段状(かいだんじょうになった水の落ち口にある岩石などの下面で,外から見えない。産卵(さんらん期は5〜8月。全長(ぜんちょう:12〜18cm。(両生類(りょうせいるい サンショウウオ目 サンショウウオ科)

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP