メニュー閉じる

ハシボソガラス

ハシブトガラスより小さく,くちばしが細いことが特徴(とくちょうのカラス。川原や農村に多く,ハシブトガラスと(ことなり,大都会や山地の林などではほとんど見られない。地上で,昆虫(こんちゅう・木や草の実・動物の死体などさまざまなものを食べる。繁殖(はんしょく以外(いがい(れで行動し,夜は林のねぐらに帰って休む。高い木の上に,((えだで皿形の(をつくり,3〜5((たまごをうむ。全長(ぜんちょう:50cm。留鳥(りゅうちょう。(鳥類(ちょうるい スズメ(もく カラス(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP