メニュー閉じる

バチカン(市国)

イタリアの首都ローマの市内にある世界最小(さいしょう独立(どくりつ国。元首はローマ法王(ほうおう。ローマ7(きゅうの1つ,バチカン(きゅうをしめる。カトリック教会の(そう本山で,法王庁(ほうおうちょうがあり,法王(ほうおう統治(とうち。サン=ピエトロ広場以外(いがい城郭(じょうかくにかこまれ,バチカン宮殿(きゅうでん・サン=ピエトロ大聖堂(せいどうなどがある。1377年,アビニョンから復帰(ふっきした法王聖座(ほうおうせいざがバチカン宮殿(きゅうでんにおかれて以後(いご法王庁(ほうおうちょう本拠(ほんきょ地となった。1929年にイタリアとのラテラノ条約(じょうやくにより独立(どくりつ面積(めんせき:0.4km2,人口:921人。

国名の由来

ローマの7つの(おかの1つバチカン(きゅう神託(しんたく(おかの意)にちなむ。

国旗(こっきの由来

中央に法王(ほうおう(かんむりと「新約聖書(しんやくせいしょ」マタイ(でん16章「ペテロの(かぎ」。黄と白は古くから法王庁(ほうおうちょう衛兵(えいへい帽章(ぼうしょうの色からきたともいう。

コーチ

 国の財源(ざいげんは,イタリア政府(せいふから提供(ていきょうされた基金(ききん,世界各国(かっこく信徒(しんとからの献金(けんきんのほか観光(かんこう不動産(ふどうさん・切手収入(しゅうにゅうなど。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP