メニュー閉じる

ハチャトゥリャン(アラム=)

(1903〜1978)ロシアの作曲家。少年時代から民族(みんぞく音楽に親しみ,モスクワ音楽院で作曲を学んだ。1930年代に本格的(ほんかくてきに作曲活動をはじめ,ピアノ協奏(きょうそう曲やバイオリン協奏(きょうそう曲で名声を(る。作風は,アルメニアの民族(みんぞく音楽も素材(そざいに,強烈(きょうれつなリズムで生命感あふれるものである。舞踏(ぶとう組曲『ガイーヌ』のなかの『(つるぎ(まい』が有名。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP