メニュー閉じる

はちょう【波長】

波の山から山,または谷から谷までのように,媒質(ばいしつ振動(しんどう状態(じょうたいが同じであるような2点間の距離(きょりを波長という。縦波(たてなみの場合の密部(みつぶから密部(みつぶ,または疎部(そぶから疎部(そぶまでの距離(きょりが1波長である。◇1周期(しゅうきの間に波面の進む距離(きょりに等しい。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP