メニュー閉じる

はちろうがた【八郎潟】

秋田(あきた県北西部の湖。かつては琵琶(びわ湖に次ぐ日本第2の湖(面積(めんせき219km2)であったが,干拓(かんたくにより,現在(げんざい(やく9分の1(27.7km2)が,かんがい用水調整池としてのこっているだけ。1964(昭和39)年,中央干拓(かんたく地に大潟(おおがた村が誕生(たんじょうし,日本の新しいモデル農村として,機械(きかい化の進んだ米作地域(ちいきとなった。

コーチ

 米の生産(せいさん調整の影響(えいきょうを受け,現在(げんざいは畑作もとりいれた複合経営(ふくごうけいえいが行われている。⇒大潟村(おおがたむら

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP