メニュー閉じる

ハッブルうちゅうぼうえんきょう【ハッブル宇宙望遠鏡】

1990年4月にスペースシャトルで打ち上げられた口径(こうけい2.4mの反射望遠鏡(はんしゃぼうえんきょう。スペーステレスコープともいう。地球上空(やく610kmの高度を周回(しゅうかいしている可視光(かしこう紫外線観測(しがいせんかんそく望遠鏡(ぼうえんきょうで,地球大気の影響(えいきょうを受けない高角分解能画像(ぶんかいのうがぞうを送ってきている。土星の大白はん,星のまわりの円盤(えんばん銀河(ぎんがの中心(かくのブラックホールなど多数の重要(じゅうよう成果(せいか(ている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP