メニュー閉じる

ハプスブルグけ【ハプスブルグ家】

中世以来(いらいのヨーロッパで権勢(けんせいをほこった由緒(ゆいしょある名門の王家。北スイスからおこり,1273年,ルドルフ1世が神聖(しんせいローマ帝国(ていこく皇帝(こうていとなって ,オーストリアとシュタイエルマルクを領有(りょうゆうした。1438年にアルバート2世が即位(そくいして以後(いごは,ハプスブルグ家は事実上,神聖(しんせいローマ帝国(ていこく皇帝位(こうていい独占(どくせんした。16世紀(せいきには,各国(かっこくの王家との結婚(けっこんによりブルグンド・ネーデルラント・ハンガリー・ボヘミアを次々に領有(りょうゆうし,カール5世のとき,スペイン王をかねてヨーロッパ最大(さいだい勢力(せいりょくとなった。1806年神聖(しんせいローマ帝国(ていこく解体(かいたいしたが,それ以後(いごはオーストリア皇帝(こうてい(しょうすることになる。そして,第一次世界大戦(たいせん後の1918年,最後(さいご皇帝(こうていカール1世はオーストリア=ハンガリー二重帝国(ていこく崩壊(ほうかいとともに退位(たいいし,7世紀(せいきにわたるハプスブルク王家の歴史(れきし(まくを下ろすこととなった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP