メニュー閉じる

バーミヤーンせっくつ【バーミヤーン石<窟>】

アフガニスタン東部,ヒンズークシ山脈(さんみゃく中にある石くつ寺院(ぐん。中央アジア・インド・ペルシャ(今のイラン)をむすぶ交通の要所(ようしょで,数百の仏教(ぶっきょう石くつが開かれた。5世紀(せいきころつくられた高さ55mと38mの大仏(だいぶつがあったが2001年イスラム過激派勢力(かげきはせいりょくによって爆破破壊(ばくははかいされた。◇(とう(そう玄奘(げんじょうもここをおとずれた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP