メニュー閉じる

*はやししへい【林子平】

(1738〜1793)江戸(えど時代中期の海防論(かいぼうろん者。江戸(えどの生まれ。16(さいのとき,仙台藩(せんだいはん(今の宮城(みやぎ県)につかえる兄をたより仙台にうつる。のち江戸(えどにでて,大槻玄沢(おおつきげんたく蘭学(らんがく者と交わって海外事情(じじょうを研究。ついで長崎(ながさきに遊学して,中国の商人やオランダ人から海外情勢(じょうせいについて新しい知識(ちしき(た。そして,ロシアの南下などに対し,海岸防備(ぼうび必要(ひつようを感じて『海国兵談(かいこくへいだん』をあらわしたが,1792年,世間をさわがせたという理由で,幕府(ばくふ(ばっせられた。

コーチ

 兄の家に(じこめの身となった子平(しへいは「親も(し,妻無(つまなし,子(し,板木無(はんぎなし,金も(けれど死にたくも(し」となげき,六無斎(ろくむさいと名のり,(よく1793年になくなった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP