メニュー閉じる

はやまよしき【葉山嘉樹】

(1894〜1945)昭和時代の小説(しょうせつ家。福岡(ふくおか県に生まれる。下級船員の生活から労働(ろうどう運動にくわわり,さまざまな職業(しょくぎょうをへたのち作家生活に入った。昭和初年(しょねんのプロレタリア文学(労働(ろうどう者の立場に立って,その思想・要求(ようきゅう感情(かんじょう主張(しゅちょうする文学)の代表的(だいひょうてきな作家の1人で,長編(ちょうへん『海に生くる人々』,短編(たんぺん『セメント(だるの中の手紙』『労働(ろうどう者の(ない船』などの作品がある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP