メニュー閉じる

はらたみき【原民喜】

(1905〜1951)昭和時代の小説(しょうせつ家・詩人。広島(ひろしま原爆(げんばく体験(たいけん被爆(ひばく者のなげきと平和へのいのりをこめて短編小説(たんぺんしょうせつ『夏の花』を書いた。のち朝鮮戦争(ちょうせんせんそう勃発(ぼっぱつ衝撃(しょうげきを受けて鉄道自殺(じさつした。作品はほかに『鎮魂歌(ちんこんか』『心願(しんがんの国』,詩集に『原民喜(はらたみき詩集』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP