メニュー閉じる

はらだよしお【原田芳雄】

(1940〜2011)昭和・平成(へいせい時代の俳優(はいゆう東京都(とうきょうと生まれ。工業高校を卒業後(そつぎょうご俳優座養成所(はいゆうざようせいじょに入所,卒業(そつぎょう。1967(昭和42)年にテレビドラマでデビュー,(よく68年には映画(えいがデビュー。圧倒的(あっとうてき存在(そんざい感と演技(えんぎ力で多くの映画監督(えいがかんとくから絶大(ぜつだい信頼(しんらいをうけ,映画出演(えいがしゅつえんは100本以上(いじょう松田優作(まつだゆうさく佐藤浩市(さとうこういちなど後進の若手俳優(わかてはいゆうに多大な影響(えいきょうをあたえた。『祭りの準備(じゅんび』(75年)『どついたるねん』(89年)『浪人街(ろうにんがい』(90年)『鬼火(おにび』(97年)などで国内の映画賞(えいがしょうをのきなみ受賞(じゅしょう,テレビドラマでもアクの強い,個性的(こせいてき重厚(じゅうこう役柄(やくがら存在感(そんざいかん(しめした。そのほか代表(てき出演(しゅつえん作としては『竜馬暗殺(りょうまあんさつ』『ツィゴイネルワイゼン』『寝取(ねとられ宗介(そうすけ』『父と(らせば』『大鹿村騒動(おおしかむらそうどう記』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP