メニュー閉じる

はりま【播磨(兵庫県の町)】

兵庫(ひょうご県南部,明石(あかし市と加古川(かこがわ市にはさまれた,播磨灘(はりまなだに面した町。町の(やく3(わりが海を(め立てた人口島。かつては水の確保(かくほ(むずかしかったため,ため池がつくられ,灌漑(かんがい利用(りようされた。明治(めいじ時代に肥料(ひりょう紡績(ぼうせき工場が進出。第二次世界大戦(たいせん後は地下水開発・(め立て地造成(ぞうせいが進み,鉄鋼(てっこう・化学などの工場が進出した。現在(げんざいは,播磨(はりま工業地域(ちいきの一部を形成している。特産(とくさん品は(しだこやのりなどの海産物。日本初の新聞を発刊(はっかんしたジョセフ・ヒコ(浜田彦蔵(はまだひこぞう)の生誕(せいたん地。人口:3.5万(2013年)。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP