メニュー閉じる

はる【春<音楽作品>】

バロック時代のイタリアの作曲家ビバルディのバイオリン協奏(きょうそう曲『四季(しき』の中の第1曲。この曲は,3楽章でできており,各楽章(かくがくしょう(かくテーマごとに,ソネット(十四行詩)が作曲者自身によって書かれているので,描写表現(びょうしゃひょうげんのいちじるしい音楽になっている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP