メニュー閉じる

はる【春<文学作品>】

島崎藤村(しまざきとうそん自伝的長編小説(じでんてきちょうへんしょうせつ。1908(明治(めいじ41)年発表。明治(めいじもまだ20年代の転換(てんかん期に,新しい時代の精神(せいしんに目ざめ,自分をいつわることなく生きようとして文芸雑誌(ぶんげいざっし『文学界』に集まった若者(わかものたちの青春群像(ぐんぞうや,藤村(とうそんの青年時代がみごとにえがかれている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP