メニュー閉じる

ハングル

朝鮮(ちょうせん文字の正式の名で,「大いなる文字」の意味。1446年李氏朝鮮(りしちょうせん(朝鮮王朝)第4代の世宗(セジョン王が,庶民(しょみんにわかりやすい文字「訓民正音(くんみんせいおん」として公布(こうふ母音(ぼいん(しめす記号と子音(しいん(しめす記号を組みあわせ,合理的(ごうりてきに音を表している。◇はじめ漢字漢文(真文(しんぶん)に対して「諺文(おんもん」ともいったが,19世紀(せいき民族主義(みんぞくしゅぎが高まり,この名がついた。現在(げんざい韓国(かんこくではハングル,北朝鮮(ちょうせんではチョソンクルとよんでいる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP