メニュー閉じる

*はんげつ【半月】

月の形が半分になって見えるときをいう。半月になるのは新月と次の新月の間に2回ある。三日月からだんだん太くなって半月になったときを上弦(じょうげんの月といい,満月(まんげつからだんだん細くなって半月になったときを下弦(かげんの月という。上弦(じょうげんの月は太陽の(しずむころ南の空に見え,むかって右(がわが光っている。下弦(かげんの月は,ま夜中に東の空にのぼり,左(がわが光って見える。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP