メニュー閉じる

**はんしゃ【反射<物理>】

進行波または粒子(りゅうし線が媒質(ばいしつ境界(きょうかい面に(たっして方向をかえ,元の媒質(ばいしつ中の(ことなった方向に進む現象(げんしょう。波の場合,境界(きょうかい面が波長にくらべてなめらかであれば,反射(はんしゃ法則(ほうそくがなりたつ。境界(きょうかい面の凹凸(おうとつが波長と同程度(ていどあるいはそれより大きい場合,反射(はんしゃ波はいろいろな方向に進む。これを乱反射(らんはんしゃあるいは拡散反射(かくさんはんしゃという。

コーチ

 一般(いっぱんには反射(はんしゃと同時に屈折(くっせつ吸収(きゅうしゅう現象(げんしょうがおこるが,屈折(くっせつ吸収(きゅうしゅうがなく,入射(にゅうしゃ波がすべて反射(はんしゃされる現象(げんしょうを全反射(はんしゃという。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP